待望の書籍化

『岩手・減災 近年の足跡』

著 者 齋藤徳美
発行人 齋藤徳美
発 売 盛岡出版コミュニティー
ISBN978-4-904870-54-9 C0036 2023/11/11
A5版 401頁、定価1650円(本体1500円+税⑩)
本書は岩手日報紙上で2年半にわたり連載になった「猛威と闘う」の完全書籍化です。岩手の自然災害に正面から立ち向かい続ける著者、齋藤徳美岩手大学名誉教授渾身のドキュメンタリー作品が満を持しての出版です。

  地区の歩み知る絵本

絵本『この場所なあに?』

~岩手町豊岡地区での不思議な思い出~

著 者 岩手県立大学(作・絵:阿部栞奈、竹内千尋、髙橋彩乃、角田帆乃香:准教授 役重眞喜子)※角田姓の「角」は略字
発 行 岩手教育総合研究所
発 売 盛岡出版コミュニティー
ISBN978-4-904870-56-3 C8725 2023/11/20
A4版 34頁、定価880円(本体800円+税⑩)
岩手町豊岡地区の歩みを紹介する絵本。岩手県立大学の学生が現地活動を通して、開拓使や風景に光を当てた一冊。絵本の内容は、少女と猫が、入植に関する記念碑や豊岡神社を巡り、開拓の歴史やかつて行われていたという「青空教室」などをひもとく内容となっています。
2023/12/10、岩手日報記事より
ご注文メールフォーム


           

NEWS & TOPICS

07.06(土)

本日の岩手日報に齋藤徳美・岩手大学名誉教授の『岩手・減災 近年の足跡』、定価1650円(税込)が広告掲載なりました。「頻発する自然災害!」「今、予知はできないが、備えて、減災につなげる行動が必要だ」と訴えております。お読みいただければ自ずと教訓身に染みる内容です。災害への寄り添いのためにも是非一家に一冊常備をお勧めいたします。盛岡市内・岩手県内の書店、全国のWeb書店でも購入できます。

06.03(月)

本日の岩手日報に紹介されました。記事は、“「さわやか旋風と生きて」盛岡三高野球部OB、故・斉藤敬さん「難病抱え、記録集制作」「『一本指』魂の筆致」きょう発売。”際立つ見出しとともに胸を打つ文面です。「ただ野球が好きというあふれる思いが本となり、さわやか旋風を語り継ぐきっかけになれば幸せです」と奥様の言葉が添えられました。

06.02(日)

発売します。齊藤敬 著『これが、「さわやか旋風」だ!』定価1100円(本体1000円+税)A5判、127ページ、小口折体裁作品。2023年4月に私家版として出版され、知人をはじめとした関係者だけに手渡された作品です。「昭和48年盛岡第三高校野球部は、創部9年目にして夏の甲子園大会初出場を果たす。名将村田栄三監督采配のもと、強豪校を最小得点で打ち破りベスト16まで勝ち上がった。3回戦は高知商業と対戦、延長14回1対2で惜しくも敗退。その活躍は村田監督とともに、“さわやか旋風”として全国に名を馳せた。」著者齊藤氏は当時小学6年生、テレビで観戦した鮮烈な記憶をよみがえらせ、ドキュメンタリータッチで本作を書き上げました。盛岡市内のさわや書店、東山堂、丸善ジュンク堂書店盛岡店で明日より販売開始です(左記以外の書店は注文取り寄せ可)。

04.19(金)

本日の岩手日報・文化欄で野中康行著『忘れざる日々』定価1870円(10%税込)が紹介されました。「時勢をうがつ随筆集」を刊行、という見出しを打っていただきました。沁みるエッセイ、全73編読み応えあり。盛岡市内を始め県内の書店で好評発売中です。

 


好評発売中

立原道造 著『盛岡ノート』

長く品切れになっていた、
再刊版(2007年刊)が増刷出来ました。
体裁:文庫版(簡易ケース、文学地図付き)
定価1375円(本体1250円+税⑩)
「NPO法人いわてアートサポートセンター」さん
の尽力によりふたたび一般発売されるものです。
当社は、地元を主体に販売を引き受けました。
ご購入希望の方は→ LinkIcon こちらから
メールでご用命ください。
 
 

※おことわり
サイト内の文中、啄木の「啄」は略字表記となっています。

GALLERY