好評既刊作品

 
『牛飼いの夏』村井直衛 著

作者は胸に豊穣な世界を持つ人だ―高橋克彦氏―

 
『岩手もりおか 中津川の旅』  遠藤雄三ほか共著

川と自然を愛するすべての人に贈る

 
『革新 挑戦 』松田十刻 著

江釣子SC「パル」理事長、髙橋祥元という生き方
 

NEWS & TOPICS

07.29

村井直衛さんが著書『牛飼いの夏』で2015(平成27)年度の芸術選奨(小説部門)を受賞されました。

その評:「岩手の畜産や酪農などの実態が簡潔な文体で活写されており、引き込まれる作品。」

盛岡市内の書店で好評発売中です。

07.19

宮沢賢治生誕120年記念出版。もりおか文庫『森荘已池ノート』(新装再刊 ふれあいの人々宮澤賢治)森荘已池著、定価:本体1000円+税、8月上旬発売予定。ご予約は東山堂書店、さわや書店、ほか盛岡市内の書店さんでお願いいたします。<試し読み4ページ>

07.05

7月3日(日)の日本農業新聞の書評欄で『牛飼いの夏』が紹介されました。


ものづくりとして

本をつくるということ

……佐一もおほかたそれらしかった
育牛部から山地へ抜けて
放牧柵を越えたとき
水銀いろのひかりのなかで
いろいろ春の象徴を
ぼつりぼつりと拾ってゐた……
『春と修羅 336「春谷暁臥」』宮沢賢治著より
 
※おことわり
サイト内の文中、啄木の「啄」は略字表記となっています。

GALLERY

カウンター