新 啄木かるた

石川啄木没後百年記念制作品

新啄木かるたは啄木没後百年の節目にあたり平成24年4月13日の第101回啄木忌法要において奉納されました。札に採用の短歌は一般公募による候補の集約です。『一握の砂』『悲しき玩具に収載された歌のなかからふさわしいと思うものが124首(同一歌含む)寄せられました。
最終的に石川啄木記念館と函館市文学館が選歌、監修行い札に採用する短歌が決められました。毎年2月に啄木生誕祭「啄木かるた」大会が渋民の姫神ホールで開催されます。
小学生から一般までひとチーム3人で80チーム以上の参加者が集い優勝目指して楽しく競い合われます。この新啄木かるたは、公式の大会用かたるたとして使われています。

 
2012/4/13制作の初版かるたは完売し 現在「 新装版」を販売しております。
※札裏がネズ色に変わりました。
 
体裁:箱/16.5×23 センチ 札/7×10センチ 100首( 読・取札各100枚)
 
選歌・監修 石川啄木記念館/函館市文学館 頒価(2200円+税)