好評発売中

 

わたしたちはみな弱法師である

 著 者 千葉 万美子  
 発行所 盛岡出版コミュニティー
 A5判  255 ページ カラー写真30点以上収録
 定価 1650円(本体1500円+税⑩)
 「能を通して自分を見つめる」
 岩手日報文学賞随筆賞受賞の著者が贈る、能楽の日々と暮らしをめぐる
 珠玉の随筆77編。
 目次・写真
 弱法師 ・佐々木宗生師の「弱法師」/関寺小町・高橋朋子さんの茶碗「皓月」/能楽祭・千葉万美子の「羽衣」/…ほか

 ☆ご予約・注文はこちらから


            

NEWS & TOPICS

11.28(日)

新刊『小間物屋安兵衛』小原光衛著が、売り上げ3位に入りました。本日の岩手日報、第8面読書の「日報岩手書店会ベストセラーズ」さわや書店さん調べで、堂々ベスト3にランクインです。時代小説連作短編7編一気読み、さわや書店さんほか盛岡市内の書店さんで購入できます。

11.08(月)

新刊のご案内:時代小説『小間物屋安兵衛』小原光衛著、定価1320円(本体1200円+税⑩、四六判ソフトカバー、335頁)を発売いたしました。盛岡市内の東山堂書店、さわや書店、丸善ジュンク堂書店盛岡店ほかで入手可能です。盛岡藩の隣藩「霞露(かろ)藩」を舞台に、担ぎ売り商いの主人公安兵衛が市井の難事に立ち向かい逞しく生きてゆくものがたりです。カバー装画を盛岡在住のイラストレーターさいとうゆきこさんが担当、帯の推薦文は作家の高橋克彦氏にご執筆いただきました。

11.03(水)

『福田パンものがたり』が紹介されました。JR大人の休日倶楽部会員向けの情報誌「ジパング倶楽部」11月号【わざわざ行きたい、物語のある書店】特集、東日本編の「さわや書店」さん紹介コーナーです。さわや書店本店の大池店長が「この地だからこそのおすすめ本」と紹介くださいました。さわや書店さんはもとより、盛岡市内の書店さんほか、ネット書店利用なら全国どこからでもご購入できます。

10.04(月)

祝・受賞! 2020年度の岩手県芸術選奨受賞者が岩手日報に掲載されました。当社発刊の『石田稔歌集よ市・馬っこ・材木町』(石田稔著)が、短歌、歌集部門で受賞となりました。盛岡市内の東山堂書店、さわや書店、丸善ジュンク堂書店盛岡店さんで取り扱っております。


出版という

ものづくりを地方で

ていねいな出版のエスコートで、
あなたの文章をかけがえのない
作品として表現いたします。
文芸、趣味実用、仕事やこれまでの半生、
お話を伺いながら1冊にお作りいたします。
絶えない郷土の文化にとって
出版活動は欠かせません。
 
 
※おことわり
サイト内の文中、啄木の「啄」は略字表記となっています。

GALLERY